バイナリーオプションのデメリットとは??

バイナリーオプション
バイナリーオプションにはデメリットとかないの?

今回はこんな疑問に答えて解説していきます。

短期取引が逆にデメリットになる?

短期取引が逆にデメリットになる?
バイナリーオプションの特徴で良いところでもある「短期取引」が逆にデメリットと感じられる場合があります。
これから短期取引ができるゆえのデメリットを紹介していきます。

FXなどで使われる手法などが通用しない場合がある

FXなどで使われる手法などが通用しない場合がある
基本的にFXなどで使われる手法は中~長期向けの手法なので、取引時間が短いバイナリーオプションでは通用しない場合があります。
短期向けの手法やインジケーターを使用したとしても、取引時間が短ければ短いほど予想外の動きをした時の影響が大きくなってしまうためものによっては機能しない可能性があります。
なので、FXの知識をバイナリーオプションで活かせることは多くありますが、その知識をバイナリーオプション向けにアレンジする必要があると思います。

メンタル面のコントロールが難しい

メンタル面のコントロールが難しい
バイナリーオプションは短期取引が可能でルールも簡単なため、「あとちょっとのところで負けた、、」という状況や負けが続いている状況になるとメンタルのコントロールが難しくなります。

そんな状況になった時に、バイナリーオプションはすぐに取引を行うことが可能なため、頭を冷やす前に連続して取引を行ってしまう危険があります。

ギャンブル感覚で取引を行っていては、バイナリーオプションで勝つことは難しいので落ち着いて取引ができるように努力しましょう。

ルールが単純がゆえにデメリットが発生する?

ルールが単純がゆえにデメリットが発生する?
バイナリーオプションはルールが単純で選択するのも二者択一で誰でも手を出しやすい投資です。
しかし、この特徴が逆にデメリットになっている点もあります。
これからそのデメリットになっている点について説明していきます。

ギャンブル感覚で取引してしまう

ギャンブル感覚で取引してしまう
まず一つ目は、「ギャンブル感覚で取引をしてしまう」ということです。
これは自分が気を付ければいいのですが、ルールが簡単で余裕だと考えて、つい適当にギャンブル感覚で取引をする人が多いです。
バイナリーオプションはFXと違って損失が限定されており、低リスクで取引することができるので適当に取引する人が多くいるのかもしれません。

バイナリーオプションは適当にギャンブル感覚で取引を行っても絶対に勝てません。

負けると取引金額が全て没収される

負けると取引金額が全て没収される
二つ目は、「取引に負けると取引金額が全て没収される」ということです。
FXであれば負けそうでこれ以上は無理だと思ったら損切りを行うことができますが、バイナリーオプションは取引ごとに判定時間が決まっており、取引を途中で終わらせることはできません。

取引金額が負けると全て没収されるのは精神的につらいですよね。

上記以外のデメリットといえる部分

上記以外のデメリットといえる部分
ここまで本記事では、「短期取引がゆえにデメリットになる点」と「ルールが単純がゆえにデメリットになる点」について解説してきましたが、これからはこの二つ以外のデメリットといえる部分について解説していきます。

土日に取引を行うことはできない

土日に取引を行うことはできない
バイナリーオプションは土日に取引を行うことは基本的にできません。

土日に取引ができない理由は、基本的にほとんどの為替市場が閉鎖しているからです。土日休みの人は休日にがっつり取引ができないのはデメリットと言えるかもしれません。

一回の取引で出す利益に限界がある

一回の取引で出す利益に限界がある
バイナリーオプションは一度に取引を行える金額に制限がかかっている場合があります。
ハイローオーストラリアの場合、一度の取引金額の上限は20万円となっており、20万以上の金額を賭けることはできません。

数百万、数千万動かすことができないため大きなお金を動かしたい人にはデメリットと感じると思いますが普通に取引をする人にはデメリットと感じないとは思いますが…。

バイナリーオプションはじめるならハイローオーストラリア!

ハイローオーストラリアでデモ取引をしよう!

バイナリーオプションを始めるならバイナリーオプション業者【ハイローオーストラリア】で間違いないと思います。

✔ ハイローオーストラリアをオススメする理由

  • ペイアウト率が他の業者と比べて高い
  • 海外業者で唯一金融ライセンスを取得している
  • 業界シェア率No.1!

以上が私がハイローオーストラリアをオススメしている理由です。
他の業者を使ってみるのもいいと思いますが、まずはハイローオーストラリアで試してみてはいかがでしょうか。

※デモ取引はもちろん、口座開設費・口座維持費は無料です。