【バイナリーオプション】負ける理由はなに?

ハイローオーストラリア
初心者
バイナリーオプションで全然勝てないんだよなぁ、、何に気をつけて取引すればいいの?

今回はバイナリーオプションで負けやすい人の悩みについて解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

この記事を読むべき人
  • バイナリーオプション初心者
  • バイナリーオプションで勝てない人
  • 取引で負けない方法を知りたい人

まずはデモ取引でルールをしっかり理解する

まずはデモ取引でルールをしっかり理解する

バイナリーオプションをする上でルールをちゃんと理解して取引をしていますか?

「為替レートが上がるか下がるかの二択だし楽勝でしょ。」とか思って直感で取引をしている方は今すぐやめましょう。

それではただのギャンブルに過ぎません。

デモ取引をとりあえずやってみよう

デモ取引をとりあえずやってみよう
ハイローオーストラリアのデモ取引は無料で行うことができ、最初から100万円入金されている状態からスタートしますので、そのお金でデモ取引を行うことができます。

さらにハイローオーストラリアのデモ取引は実際のチャートとデモ取引のチャートに誤差がほぼないので実際の取引に向けた練習ができます。

📌 詳しくデモ取引の手順を知りたい方は下記の記事をお読みください!

取引で負けやすい人は3Mができていない

3Mができていない

📌 3Mとは

  • Mind(メンタル)
  • Method(手法)
  • Management(資金管理)
この3つのことを投資をする上で重要な3Mと呼びます。

バイナリーオプションで負けている人はこれができていない人がほとんどです。

いまからこれらのことができなければどのようになるのか説明していきます。

Mind

要するにメンタルのことですね。

取引に負けた時、つい熱くなってしまったりしていませんか?

熱くなり感情的になってしまうと冷静な判断ができなくなってしまいますよね。

熱くなり焦って負けを取り戻そうとし、変なタイミングでエントリーしてまた負けて、それを繰り返すという負のスパイラルに陥ります。

Method

次にMethod、つまり手法のことです。

バイナリーオプションは二者択一の投資方法ですが、適当にエントリーして二分の一の確率でギャンブルみたいにする投資ではありません。

勝率を少しでも上げて利益を得るために手法を有効活用します。

良い手法を使えば必然的に勝率も上がってきますので、積極的に良い手法を見極めて使っていきましょう。

Management

最後はManegement、資金管理ですね。

これは本当に重要だと思います。

負ける人のよくあるパターンとして、資金管理がめちゃくちゃになって勝率はそこまで低くないのに、勝つときの掛け金は低く、負ける時の掛け金は普通でじわじわと資金が減っていく人が圧倒的に多いです。

分かりやすく説明すると、

自分の資金が20万円あるとします。
負けるごとに掛け金を減らしていって、気づいたら15万になって、
まだ大丈夫と思って取引をしていたら、10万になって、
掛け金を減らして勝つときは勝つけど少し調子に乗って掛け金を増やした時に負けて、、、
と繰り返していたら気づいた時には資金は底をついてしまいます。

これを見て学ぶことは、「資金管理をせずに稼ぐことはできない!」ということですね!

精神力を鍛えるのが大事!


【Mind】と【Manegement】は精神力自体を鍛えないといけません。

手法は良い物を見極める力が必要ですが、この二つは自分の精神力を鍛えて自分の感情をコントロールすることが大事です。

この二つを鍛えることができればバイナリーオプションだけに限らず他の投資にも優位に取引をすることができます。

資金管理力はデモ取引で鍛えよう!

ハイローオーストラリアでデモ取引をしよう!
資金管理力はデモ取引で鍛えることができます。

そこで紹介したいのが本記事の冒頭にも紹介した【ハイローオーストラリア】のデモ取引です。

冒頭で紹介しているのでここでの説明は省きますが、とてもおすすめな業者なのでぜひ利用してみてください。

「Mindはデモ取引で鍛えることができないの?」と思う方もいると思いますが、デモ取引は実際にお金がかからないので精神面で負荷がかかりません。
なので、Mindに関しては実際に口座開設して取引をしていきましょう!

ハイローオーストラリアはデモ取引はもちろんのこと、口座開設費・口座維持費は無料なのでデモ取引で鍛えて口座開設して実際に取引をしてみましょう!

まとめ

負け続ける人の特徴として、

  • メンタルコントロールができていない
  • 手法を有効活用できていない
  • 資金管理をしていない
この他にもありますが本記事では上記の3つを紹介させてもらいました。
これらは【デモ取引】である程度鍛えることが可能なのでどんどんデモ取引を利用していきましょう!