【最新版】副業に関わる税金について ~徹底解説~

副業
副業君
副業で利益が出てくると税金がかかってくるよね?
このように思っている方は最後まで、必ず読んでください。儲けてお金を使った後では痛い目にあいます。

副業で税金がかかるタイミングは?

副業で税金がかかるタイミングは?

副業君
副業でかかる税金はいつ払えばいいの。どうしよう払うお金がない、、、。
こんなことになり資金管理が追い付かずに稼いだお金をガンガン使っている人は多くいます。
副業でかかる税金は、1年間の利益によって決まった税率が掛かります。詳しくは下記で書いていますので最後までご覧ください。

タイミングとしては今年の1月1日〜12月31日で稼いだお金を来年の3月15日までに確定申告を行えば大丈夫です。

支払い方法は一括や分割なども選ぶことができます。

副業で税金がかかる条件

副業で税金がかかる条件
本業があり、副業を行っている方と、本業なしの主婦が副業をやっている方では税金がかかる条件が若干異なります。

  • サラリーマンの場合 →→→ 副業で1年間(1月1日~12月31日)に、
    20万円以上稼いだ場合
  • 本業がない方や主婦の場合 →→→ 副業で1年間(1月1日~12月31日)に、38万円以上稼いだ場合
この金額を超えるようであれば税金の勉強は行った方がいいでしょう。お金の勉強はしても損はしません。

どれくらい税金がかかるの?

税率
副業でかかる税金は、1年間の利益によって決まった税率が掛かります。
上記の表をご覧ください↑。

4000万以上稼ぐと所得税だけで45%+の住民税10%の55%、、、半分以上持っていかれます。たまったもんじゃないですね。

1月〜12月に稼いだお金に経費・控除額を差し引いた額をその翌年に支払わなければなりません。

自分自身がどのくらい稼いでいるかを知らないと、税金を納める際大変なことになりますよ。

私も正直、副業で払う税金に絶望したこともあります(笑)私がお勧めするのは1ヶ月ずつ稼いだ金額や経費を計算していくことですね。

副業で得た税金の払い方

副業で得た税金の払い方
一年間で会社員の方ならば20万円以上、無職の方や専業主婦の方ならば38万以上副業で利益があった場合、毎年3月15日までに確定申告をして税金を納めなければなりません。

確定申告のやり方として、

  • 税務署に行き確定申告書に必要事項を入力する
  • インターネットで確定申告書をダウンロードし印刷したものに物に記入し郵便で提出したりする

このような方法があります。

副業:税金対策方法

副業:税金対策方法
節税するには、利益から差し引くことができる経費を使えばよいとよく言いますが、無駄に経費を使うことは自分の手取りも減らすことになるので、不必要なものに経費を使うのは避けたほうがいいです。

📌 経費として使うのにお勧めもの

  • 家賃の一部(水道光熱費など)
  • パソコン費用
  • 書籍代など
このような副業で利益を出すのに必要なものを経費として正しく計上すべきです。

副業が会社にばれない方法

副業が会社にばれない方法
できれば副業をやっていることを会社にばれたくはないですよね。
会社に副業がばれない方法は1つのみ!

それは、
確定申告時に普通徴収で申告するという方法です。

副業が会社にばれる理由は大体”税金(住民税)”に関係しています。
理由は、
会社員の年末調整は副業での利益が含まれないので、会社側に「正しい税額が払えていません。」と通知がいくからです。

具体的には、確定申告書の第2表の下の方にある「自分で納付」の欄に〇をして申請すれば大丈夫。市役所から自分宛に送られてくる納付書を使いコンビニなどで簡単に納付ができます。

まとめ:副業での税金について

  • 副業では一年間の損益によってかかる税金が変わってくる
  • 会社員の方は年間20万円以上、無職の方や主婦、などは年間38万円以上で確定申告が必要
  • 税金は1月1日〜12月31日までに稼いだ金額にかかる
  • 会社にばれたくなかったら確定申告を行え
  • 確定申告は3月15日までに行え

まとめると以上のようになります。
最後に私のお勧めする副業【バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)】について紹介します。

自分のやる気・勉強次第で稼いでいける物です。後輩はこのハイローオーストラリアで22歳にして貯金残高3000万です。
自分の力で稼いで行きたい方は行動するだけでも、自分のためになると思うので挑戦してみてはいかがでしょうか。

✔ ハイローオーストラリアをオススメする理由

  • ペイアウト率が他の業者と比べて高い
  • 海外業者で唯一金融ライセンスを取得している
  • 業界シェア率No.1!

以上が私がハイローオーストラリアをオススメしている理由です。
他の業者を使ってみるのもいいと思いますが、まずはハイローオーストラリアで試してみてはいかがでしょうか。

※デモ取引はもちろん、口座開設費・口座維持費は無料です。