難平(ナンピン)を使う上でのメリット・デメリットを徹底解説

バイナリーオプション
バイナリー君
ナンピン手法ってなに?どんな取引方法なの?

本記事ではこんな疑問に答えて、さらにナンピンのメリット・デメリットまで解説します。

この記事を読むべき人
  • 難平(ナンピン)について知らない方
  • 取引の幅を広げたい方
  • 様々な手法を知りたい方

ナンピンは損失を抑えるための手法

ナンピンは損失を抑えるための手法
ナンピンとは、取引を行った時自分の期待通りに相場が動かなかった場合に買い増しをすることをいいます。

ナンピンを漢字に直すと『難平』と書きます。
意味はそのままで”難を平たくする”という意味。

つまり、【”難”=損を”平”均化する】
ここから文字を取って「難平(ナンピン)」と呼ぶようになったそうです。

「難を平均化する」というのは、「損失を抑える」とも言い換えられますよね。
だから、ナンピンは損失を抑える手法だと言われています。

ナンピンを使うならペイアウト率が比較的高い【ハイローオーストラリア】を利用すれば問題ないと思います。
下記のボタンからハイローオーストラリア公式サイトを覗いてみてください!

ナンピンのメリット・デメリット

ナンピンのメリット・デメリット

  • デメリット →→→ 失敗すると損失が大きくなる
  • メリット →→→ 上手くいけば損失を抑えることができる
以上の難平(ナンピン)のメリット・デメリットについて深掘りしていきます

デメリット:失敗すると損失が大きくなる

デメリット:失敗すると損失が大きくなる
ナンピンに失敗するともちろん損失を増やすというリスクがあります。
ナンピンをすればするほど自分の資金を溶かしていく可能性があると言うことです。

また、あまり資金がないときにナンピンをすると数回のミスで資金が尽きますので、ナンピンをする場合は資金に余裕があるときがオススメです。

メリット:上手くいけば損失を抑えることができる

メリット:上手くいけば損失を抑えることができる
先ほどのデメリットに対してメリットは【上手くいけば損失を最小限に抑えることができる】です。

バイナリーオプションで相場をしっかり分析していざ取引をしてみても、上昇トレンドでタイミングが悪くて判定時間だけ価格が下がって負けるというのを経験したことはありませんか?

私自身このようなことがよくあってそんなときにナンピンを使うと、割と負けを取り戻せたりします。

上記のようなことがあった時この手法を使う人は割と多くいるようです。

ナンピンを使うべきポイント

ナンピンを使うべきポイント
ナンピンを使うべきポイントはもちろん存在します。
使うべきときに手法を使うことでその手法は本領を発揮しますので、どこで使うか見極めてから手法を使っていくようにしましょう。

トレンドが強い場合

トレンドが強い場合
どんなに強いトレンドでも相場は上がったり下がったりを繰り返しながら動くので、しっかり分析して自信を持って取引を行っても負けることがあります。

しかし、トレンドが強い場合に関しては上昇トレンドの場合は上、下降トレンドの場合は下にとその方向へしっかりと向かっていくので、ナンピンを使うことで負けを取り返していくことが可能です。

ナンピンをする上で必要なこと

ナンピンをする上で必要なこと

☑️ナンピンをする上で必要なこと

  • 自分の中でルールを作る
  • 相場の流れを読む
以上の二つのポイントについて見ていきましょう。

自分の中でルールを作る

自分の中でルールを作る

☑️ナンピンを使用するときのルール(例)

  • ナンピンの1日の限度数
  • ナンピンを使うときの相場パターン

上記のは例ですが、このように自分の中でナンピンを使用するときのルールを決めておけば、損失を抑えつつ、勝率が上がりやすいです。

相場の流れを読む

相場の流れを読む
二つ目のポイントは、「相場の流れを読む」ことです。

バイナリーオプション専業トレーダーのほとんどの方はこの「相場の流れを読む」ということができます。
毎日専業トレーダーや稼いでいる人は数時間チャートに張り付いてチャートの傾向を覚えています。
バイナリーオプションは為替を対象とした投資なので、相場に動きの傾向がありますから、それを覚えることで勝率が上がりやすくなるというわけです。

まずはハイローオーストラリアでデモ取引!

ハイローオーストラリアでデモ取引をしよう!

バイナリーオプションを始めるならバイナリーオプション業者【ハイローオーストラリア】で間違いないと思います。

✔ ハイローオーストラリアをオススメする理由

  • ペイアウト率が他の業者と比べて高い
  • 海外業者で唯一金融ライセンスを取得している
  • 業界シェア率No.1!

以上が私がハイローオーストラリアをオススメしている理由です。
他の業者を使ってみるのもいいと思いますが、まずはハイローオーストラリアで試してみてはいかがでしょうか。

※デモ取引はもちろん、口座開設費・口座維持費は無料です。