【プロが教える】バイナリーオプションの主な市場の特徴を解説

バイナリーオプション
BO初心者「バイナリーオプション始めてみたいけど、市場ってなんなの?取引と何か関係あるん?」

今回は、バイナリーオプションの主な市場についてわかりやすく解説していきます。

この記事を読むべき人
  • 為替市場について知らない人
  • バイナリーオプションと為替の関係について知りたい人
  • バイナリーオプション初心者

バイナリーオプションの主な市場4つ

バイナリーオプションの主な市場4つ

☑️ バイナリーオプションの主な市場

  • ニューヨーク市場
  • 日本市場
  • オセアニア市場
  • ロンドン市場

上記4つは為替市場の中でも有名な4つの市場です。

これからこの4つの市場について解説していきます。

ニューヨーク市場

市場開始時刻 市場終了時刻
21時 翌朝6時

ニューヨーク市場は、様々な他の市場と重なり荒れやすいのが特徴。

ニューヨーク市場を攻略するには、トレンドを把握することが必要不可欠です。

また時間帯的に重要度の高いアメリカの経済指標が発表されますので、相場が急変する可能性もあります。

発表の時間をあらかじめ調べておき、その時間は取引を避けるようにしよう。

日本市場

市場開始時刻 市場終了時刻
9時 19時

日本市場の時間帯は、レンジ相場になりやすいので初心者にはオススメしません。

レンジ相場とは
ボックス圏相場のことです。
一定の変動幅の中で価格が上がったり、下がったりを何度も繰り返す状態です。

レンジ相場を攻略するには逆張りが向いています。

しかし、万が一レンジ相場を抜けた場合の対応が初心者には難しいので、日本市場は避けるようにしましょう。

オセアニア市場

市場開始時刻 市場終了時刻
5時 14時

オセアニア市場は外国為替市場のスタート時点。

重要経済指標が発表される可能性もあり、値動きが激しいのが特徴です。

さらに、朝早く市場参加者が少ないので、流動性が低く値動きが激しい。

値動きが激しいので相場予測がしにくく、困難なので初心者にはオススメしません。

ロンドン市場

市場開始時刻 市場終了時刻
16時 深夜1時

実はロンドン市場は、全体の取引量の40%を占めています。

特にオープンしてすぐはかなり値動きが激しくなり、一方向に動く場合もあるので要注意。

☑️ ロンドン市場で動きやすい通貨

  • ユーロ・円
  • ユーロ・ドル

上記2つの通貨は、トレンドに素直に動きやすいので、順張りに向いています。

順張りとは
上昇・下降トレンドにあるときに、そのトレンドに乗っていくというような投資スタンス

市場が開く前後30分は取引しないように

市場が開く前後30分は取引しないように
市場が開く前後30分は、激しい値動きで予測しづらいので、取引は避けたほうがいいです。

この時間帯は、テクニカル分析なんてほぼ関係なく動きます。

事前に市場が開いた時点でどちらに跳ねるのか予想できるのなら取引しても大丈夫ですが、そんなことできる人はほとんどいません。

初心者はほとんどの場合読めないので、この時間帯で取引するのはギャンブルと同じ。

市場には夏時間と冬時間があるので注意

市場には夏時間と冬時間があるので注意
アメリカのサマータイムというものが原因で、市場には「夏時間」と「冬時間」というものがあります。

ロンドン市場の場合、

市場開始時刻 市場終了時刻
夏時間 15時 24時
冬時間 16時 深夜1時

こんな感じで、冬時間より夏時間の方が時計の針が1時間早められます。

夏時間は4月ごろ〜10月ごろまでで、冬時間は11月ごろ〜3月ごろまで。

市場が重なる時間は要注意

市場が重なる時間は要注意
いくつもの市場があるので、市場が重なる場合がありますが、その場合は要注意。

相場の変動が荒くなるので、かなり予測しにくくなります。

☑️ 例

  • ニューヨーク市場 → 22時〜翌午前6時
  • ロンドン市場 → 16時〜翌午前1時

上記を見れば分かる通り、日本時間22時〜翌午前1時はニューヨーク市場とロンドン市場がかぶっています。

つまり、この時間帯は相場の変動が激しくなるので初心者向けではないということ。

まずはハイローオーストラリアでデモ取引!

ハイローオーストラリアでデモ取引をしよう!

バイナリーオプションを始めるならバイナリーオプション業者【ハイローオーストラリア】で間違いないと思います。

✔ ハイローオーストラリアをオススメする理由

  • ペイアウト率が他の業者と比べて高い
  • 海外業者で唯一金融ライセンスを取得している
  • 業界シェア率No.1!

以上が私がハイローオーストラリアをオススメしている理由です。

他の業者を使ってみるのもいいと思いますが、まずはハイローオーストラリアで試してみてはいかがでしょうか。

※デモ取引はもちろん、口座開設費・口座維持費は無料です。