【まとめ】バイナリーオプションの覚えるべき基本的な用語集

ハイローオーストラリア
BO初心者「バイナリーオプション始めてみたいけど、用語が難しくてもう詰んでる…。基礎的な用語集みたいなの見たい。」

今回は、バイナリーオプション初心者に向けて、覚えるべき基本的な用語集を解説していこうと思います。

この記事を読むべき人
  • バイナリーオプション初心者
  • バイナリーオプションに興味がある人
  • バイナリーオプションの用語があまりわからない人

バイナリーオプション用語集:分析系

バイナリーオプション用語集:分析系

☑️ バイナリーオプション用語集:分析系

  • テクニカル分析
  • トレンド相場
  • レンジ相場
  • ローソク足

バイナリーオプションに関する分析系の知っておくべき用語は上記5つ。

これからこの4つについて解説していきます。

テクニカル分析

似たもので、ファンダメンタルズ分析というものがあるけど、それは長期的な取引に向いているので、バイナリーオプションの場合は覚えなくてもOK。
テクニカル分析とは、過去の値動きをチャートで表し、トレンドやパターンなどを把握し、今後の為替動向を予想するものです。

後に解説しますが、MT4のインジケーターなどを使って分析します。

テクニカル分析のメリットは、過去の指標を見るだけである程度今後の値動きがわかり、論理的に適切なエントリーができるところです。

バイナリーオプションはテクニカル分析を使用して攻略していくのが大前提。

初心者トレーダーは、まずはテクニカル分析を覚えるようにしましょう。

分析はテクニカル分析のみというトレーダーもかなり多くいます。

トレンド相場

トレンド相場というのは、相場が上下どちらかに大きく傾いている状態の相場のことを指します。

一方的に相場が上下どちらかに傾いていることをトレンドが発生している状態と言います。

基本的には、高値 or 安値が連続で更新されていくことをトレンド相場と言いますが、一方的な相場が発生したら、トレンド相場だと思って取引しましょう。

レンジ相場

レンジ相場(別名:ボックス相場)とは、箱の中に収まっているかのように、一定の範囲で価格が変動をする相場のことを指します。

主に東京相場などに出現しやすいとされていて、逆張りが行われる相場に多く出現します。

バイナリーオプションは短期取引なので、レンジ相場とかなり相性が良く、このレンジ相場を制することができれば、利益を出し続けるのも夢ではありません。

レンジ相場では、基本的に高値と安値の更新はありません。

ローソク足

ローソク足とは、

  • 始値
  • 高値
  • 安値
  • 終値

以上の4本値を使用し、ローソクの形に表したチャートのことを指します。

ローソク足は期間ごとに始値、終値、安値、高値を表示させることができるため、チャートを見やすく表示することができます。

例(1分足のローソク足を使う場合)
1分ごとにローソク足が形成される

ローソク足

陽線は価格が始値に比べて終値が高い場合に表示されます。(赤いローソク足)

陰線は価格が始値に比べて終値が安い場合に表示されます。(青いローソク足)

バイナリーオプション用語集:ツール系

バイナリーオプション用語集:ツール系

☑️ バイナリーオプション用語集:ツール系

  • インジーケーター
  • サインツール
  • MT4

バイナリーオプションに関するツール系の知っておくべき用語は上記3つ。

これからこの3つについて解説していきます。

インジーケーター

インジケーターとは相場分析をする際に使用する指標のことを指します。

インジケーターはかなり種類が多く、初心者の方はどれを使えばいいのかわからないですよね。

複数組み合わせることでエントリー条件を固定でき、決まった条件が発生したときのみ取引を行うという取引が可能。

インジケーターを用いた相場分析は基本的にテクニカル分析に分類されます。

📌 インジケーターについてはこちら

サインツール

サインツールとは、MT4もしくはMT5上で、エントリータイミングと方向を知らせてくれるツールのことを指します。

例えば、ハイローオーストラリア場合自動売買ツールは禁止されていますが、サインツールは一切禁止されていません。

サインツールはもちろん適当に表示しているわけではなく、ツールを開発した人が過去の相場に基づいて、勝ちやすくいと判断したポイントにサインが表示されるようになっています。

サインツールは、開発者によって勝率がかなり変わってくるので注意。

MT4

MT4の正式名称は「MetaTrader4」で、ロシアの「MetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)」が開発した取引をするためのソフトウェアのことを言います。

高度なレベルのテクニカル分析が可能。

新しいMT5というものが普及してきましたがMT4と説明することはあまり変わりません。

為替相場を分析するのに必要なものは以下の3つ。

☑️ 為替相場を分析するのに必要なもの

  • 分析機能に優れたツール
  • テクニカル分析の数が豊富なツール
  • 無料で利用できるツール

この3点を満たしているのが「MT4」というなので、テクニカル分析をする際はぜひ「MT4」を利用してみてください。

バイナリーオプション用語集:取引系

バイナリーオプション用語集:取引系

☑️ バイナリーオプション用語集:取引系

  • ハイロー取引
  • レンジ取引
  • ラダー取引
  • ペイアウト率

バイナリーオプションに関する取引系の知っておくべき用語は上記5つ。

これからこの4つについて解説していきます。

ハイロー取引

ハイロー取引とは、バイナリーオプションの取引で一番基本的な取引形態。

エントリーした時点から指定時間後に、価格が上がっているか下がっているかを予想する取引です。

例えば、HIGHエントリーした場合、判定時間後までにエントリーポイントより高くなっていれば勝ち、低くなっていれば負けとなります。

基本的にバイナリーオプションと聞くと、ハイロー取引を思い浮かべてOK。

レンジ取引

レンジ取引とは、国内業者によくみられる取引形態で、取引終了時間まで価格がレンジの中に留まるかについて予想します。

取引画面に上下の線が表示され、その線をローソク足がはみ出さなければ勝ちになります。

ハイロー取引と違い、トレンド相場がレンジ相場を予測するものなので、個人的にハイロー取引よりは少々簡単かと思います。

☑️ レンジ取引の方が容易な理由

  • ハイロー取引 → トレンド相場かレンジ相場を予想した後にHIGHかLOWを予測する
  • レンジ相場 → トレンド相場かレンジ相場を予測するだけ

レンジ相場の方が手間が少ないので、ハイロー取引よりも難易度が低いかと思います。

為替相場は基本的にレンジ相場でできているので、予想も当たりやすいです。

ラダー取引

レンジ取引と同様で、国内業者によくみられる取引形態で、複数のレートから1つのレートを選び、取引終了時間にそのレートより価格が上下どちらにあるかを予想します。

ハイロー取引と違い、価格帯を複数から選ぶことができるため、エントリーポイントでの価格推移をあまり気にしなくても良いというところ。

つまり、エントリーポイントが基準となるハイロー取引と比べ、ラダー取引の方が初心者に優しい取引だと言えます。

ペイアウト率

ペイアウト率とは、取引ごとに設けられている倍率のことで、賭けた金額に対していくら戻るのかをパーセンテージで表しています。

ペイアウト率が高い取引ほど、リターンも勝つとリターンも大きいですが、その分負けやすいです。

ペイアウト率は海外業者の方が非常に高く、稼ぎやすさを重視するなら海外業者がオススメ。

海外業者の中でも【ハイローオーストラリア】は全体的にペイアウト率が高く、最大2.30倍とかなり高いペイアウト率を誇っています。

まずはハイローオーストラリアでデモ取引!

ハイローオーストラリアでデモ取引をしよう!

バイナリーオプションを始めるならバイナリーオプション業者【ハイローオーストラリア】で間違いないと思います。

✔ ハイローオーストラリアをオススメする理由

  • ペイアウト率が他の業者と比べて高い
  • 海外業者で唯一金融ライセンスを取得している
  • 業界シェア率No.1!

以上が私がハイローオーストラリアをオススメしている理由です。

他の業者を使ってみるのもいいと思いますが、まずはハイローオーストラリアで試してみてはいかがでしょうか。

※デモ取引はもちろん、口座開設費・口座維持費は無料です。